SaitoSight

-Optics Research-

ZEISS DIAVARI-ZA 2.5-10x52

ZEISS DIAVARI-ZA 2.5-10x52
ManufactureZEISS
Pricexxxxx
Official sitexxxxx
Review date2020.04.11
Favorite★★★★
ZEISS DIAVARI-ZA 2.5-10x52

ZEISS DIAVARI-ZA 2.5-10x52です。西ドイツ製の古いスコープです。
当時は圧倒的な性能を誇っていたスコープで、少し無理をしてでもZEISSのスコープを使いたいと思わせる程で、高額ながら国内での普及率もそこそこありました。

ZEISS DIAVARI-ZA 2.5-10x52

対物チューブサイドにMade in WestGermanyのプリントとシリアルナンバーの刻印があります。
ボディ全体で刻印となっているのはシリアルナンバーのみで、メーカー視点で消えては困るとこのみ手間を掛けた感じです。

ZEISS DIAVARI-ZA 2.5-10x52

調整ダイアルのZのロゴもプリントになっています。
ダイアルはプラスチック製、目盛りは刻印になっているので削れる心配はありません。
ゼロイン可能で1Clickの移動量は1cm/100mとなっており、日本人には解り易い仕様です。
つまみが小さくダイアルも固めなので操作性はイマイチです。
ドイツ製スコープのエレベーションダイアルはUp/DownではなくHoch/Tiefの表記になっています。

ZEISS DIAVARI-ZA 2.5-10x52

パワーダイアルは突起付きの操作性の良いダイアルです。
残念なのは倍率の表記がプリントで、長期間使用していると削れてしまいます。
T*はZEISSのレンズコーティングの種類で「ティースター」と呼ばれており、カメラレンズや双眼鏡にも使われています。

ZEISS DIAVARI-ZA 2.5-10x52

対物レンズのコーティングは表側パープル、バイオレット、裏側パープル。

ZEISS DIAVARI-ZA 2.5-10x52

接眼レンズのコーティングは表側グリーン、パープル、裏側クラレット。
T*は紫、または緑が強く出たりとコーティングに個体差があるそうですが、性能に違いはないとのことです。

ZEISS DIAVARI-ZA 2.5-10x52

2.5倍時。レティクルは4Aです。
最低倍率時は視界が若干狭くなっており、ズームしていくと解消されます。
明るさは明る過ぎず、暗過ぎない適度な明るさとなっています。
解像度は非常に高いです。

ZEISS DIAVARI-ZA 2.5-10x52

10倍時。FFPなのでズームするとレティクルも大きくなります。
視界がぼやけたり滲んだりすることもなく鮮明に見えるので遠くにある文字が他社の10倍超えのスコープより読み易かったりします。
コーティングを見た感じは最近のZEISS製品と大きな違いはありません。
この時代からZEISSのコーティング技術は既に完成していたのかもしれません。

ZEISS DIAVARI-ZA 2.5-10x52
Diameter30mm
Weight630g
Eye relief約90mm~100mm
Objective coating表側パープル、バイオレット、裏側パープル
Eyepiece coating表側グリーン、パープル、裏側クラレット

ZEISSのスコープはパワーダイアルと調整ダイアルのキャップでおおよその製造時期が判ります。
チェッカリングのないパワーダイアルとキャップのロゴのZの中心がレティクルになっているこのモデルは初期、パワーダイアルがチェッカリングありに変更されたのが中期、パワーダイアルが縦線チェッカリング、キャップのロゴからレティクルが消えているのが後期です。
東ドイツと西ドイツの統一以降は後期モデルは西ドイツ製からドイツ製に文字が変更されています。
ちなみに東ドイツ製(ausJENA)のスコープと簡単に比較すると、光学性能は西に劣るが、ボディの作り込みは東が勝っています。
双眼鏡も同様ですが、ZEISSの80年代辺りの製品は非常に出来が良いです。
最近はアメリカ製や日本製の低価格モデルが登場していますが、ZEISSのロゴが入った普通のスコープという印象で覗いた時の感動はありません。