SaitoSight

-Optics Research-

tasco TITAN 3-9x42

tasco TITAN 3-9x42
Manufacturetasco
Price¥78,000
Official sitexxxxx
Review date2019.04.20
Favorite★★★★
tasco TITAN 3-9x42

tascoの最高級スコープ、TITAN初期モデルです。
グロス、マットモデルの2種類があり、こちらはマット仕様です。
1996年頃にヨーロッパのスコープを意識して作られたスコープで30mmチューブ、可変レティクル機能付きで近年主流になっているスコープの仕様となっています。

tasco TITAN 3-9x42

初期型TITANの調整ダイアルは何周目なのかが解るレチクルロケーションインジケーター機能が付いています。
ダイアルを1周させるとウィンドウに表示されているドットが1目盛り分移動します。
Schmidt&Benderスコープにも同様の機能を持ったダイアルがありパクりなのでしょうか?

tasco TITAN 3-9x42

接眼チューブにはTITANのエンブレムが両サイドに付いています。
パワーダイアルには僅かにクリック感があります。

tasco TITAN 3-9x42

接眼チューブ裏にはスペックとシリアルナンバー、MADE IN JAPANの刻印があります。
シリアルナンバーは金色になっています。

tasco TITAN 3-9x42

対物レンズのコーティングは表側シーグリーン、裏側グリーン。

tasco TITAN 3-9x42

接眼レンズのコーティングは表側バイオレット、シーグリーン、裏側グリーン。

tasco TITAN 3-9x42

3倍時。可変レティクル仕様なので最低倍率時の線は細めです。
レティクルはTITAN QUAD RETILCEでTITANオリジナルのレティクルです。
視界は特に明るい訳でもなく、見易い視界となっています。

tasco TITAN 3-9x42

9倍時。倍率を上げても解像度は落ちず、光学性能は高いです。
横の細い線が100ydで30inch、中心から下にある小さなドットまでが100ydで5inchとなっています。

tasco TITAN 3-9x42
Diameter30mm
Weight490g
Eye relief約100mm~120mm
Objective coating表側シーグリーン、裏側グリーン
Eyepiece coating表側バイオレット、シーグリーン、裏側グリーン

調整ダイアルの操作性、可変レティクル仕様で後期TITANより使い易く、初期型と比較してしまうと後期のTITANは製造コストを抑えている感じがします。
販売価格はSSモデルの方が上ですが、NATO採用を理由に価格を吊り上げているだけな気がします。