SaitoSight

-Optics Research-

JOL MPZ-SF 12-60x56

JOL MPZ-SF 12-60x56
ManufactureJOL
Pricexxxxx
Official sitexxxxx
Review date2019.08.10
Favorite★★
JOL MPZ-SF 12-60x56

JOL(JAPAN OPTICS LTD)のMPZ-SF 12-60x56です。
HAKKO倒産後に設立された会社で、HAKKOスコープの一部のモデルを受け継いでいます。
パッケージも殆ど変わらず、違いはJOLの文字が付け足された程度です。

JOL MPZ-SF 12-60x56

調整ダイアルもMPノブです。バーニアスケール入りですが、縦線は省略されています。
クリック感はしっかりとしていますが、HAKKO製造時のときのノブと比較すると作りが荒く、テカテカした仕上げになっています。

JOL MPZ-SF 12-60x56

サイドフォーカスの調整範囲は50~∞。HAKKOのエンブレムが付いています。
SPRINGFIELDのスコープと同様にフォーカスを操作してもエンブレムは回転しません。

JOL MPZ-SF 12-60x56

パワーダイアルはHAKKO時代のものから変更されています。
20の数字が赤になっているのはミルドットが機能する目印と思われます。

JOL MPZ-SF 12-60x56

エレクター底面にはコイルスプリング、ガスポートがあり、MADE IN JAPANのプレートが追加されています。
組み立ては日本ですが、部品の製造は中国と思われます。

JOL MPZ-SF 12-60x56

対物レンズのコーティングは表側グリーン、裏側グリーン。
対物チューブ正面の研磨が荒いです。

JOL MPZ-SF 12-60x56

接眼レンズのコーティングは表側グリーンx2、裏側グリーン、グリーン→シーグリーン。
NOVEL ARMSのSUREHITと同じレンズを使っている様に見えます。

JOL MPZ-SF 12-60x56

12倍時。明るさ、解像度共に高く、光学性能面は悪くありません。

JOL MPZ-SF 12-60x56

60倍時。コーティングの反射があるものの、フォーカスさえ合えばそれなりに見えます。
写真では伝わり難いですが、視界が接眼レンズから少し奥にある様な感じで、スコープの内部が見えてしまい視野が狭いです。
縁が薄いスコープが流行りつつある中で、この視界にはストレスを感じます。

JOL MPZ-SF 12-60x56
Diameter30mm
Weight895g
Eye relief約100mm~120mm
Objective coating表側グリーン、裏側グリーン
Eyepiece coating表側グリーンx2、裏側グリーン、グリーン→シーグリーン

光学性能は悪くはないのですが、視野の狭さが大きなマイナスになっている残念なスコープです。
BARRAという光学機器メーカーに納品しているみたいで、$1,000近くで販売されていますが、$300辺りが妥当な価格のスコープです。