SaitoSight

-Optics Research-

HAKKOのスコープ

HAKKO Scope

HAKKOは世界各国にスコープを納品していた国内のスコープメーカーです。
光学性能は平凡ですが、耐久性能やメカニカル機能などに力を入れている様に見えます。
イルミネーションは評判が良く、強力な上に滲まず綺麗に発光します。

スコープのラインナップ

国内最上級モデルはMPですが、輸出用に作られたHVは更に上位のものです。
国内販売用はどこかおもちゃっぽいデザインのスコープが多いのですが、輸出用は同じモデルでも外観が変更されていることが多いです。

ModelNotePrice
SPORTS入門モデル。コーティングや、作りが悪い。中国製だろうか。1万円程度
HUNTER入門モデル。価格に合わず光学性能が悪い。3万円程度
WINNERエアガン用に設計されたシリーズで性能が悪い。
一部は日本製でコストパフォーマンスに優れる。
1~3万円程度
ELECTRO POINTイルミネーションの性能が高い。
初期のモデルはコーティングがイマイチ。
3~5万円程度
OL Majestyヨーロッパ向けの30mmチューブモデル。
可変レティクル仕様。クラレットコートで少し青っぽい視界。
4~7万円程度
OL Majesty USAアメリカ向けの1inchチューブモデル。
ズームしてもレティクルは変化しない。
4~7万円程度
Superb B1チューブ径1inchの高級モデル。グリーンマルチコート採用。5~8万円程度
Superb B3チューブ径が30mmの高級モデル。B1の同等品。
Night&Dayや電動ズームを組み合わせたモデルも存在する。
5~8万円程度
MP軍、警察向けの国内最高級モデル。種類が豊富。6~10万円程度
HVコーティングはMPのワンランク上のH2採用。国内未発売
HAKKO Scope

画像はレンズにコーティングが施されたHAKKOのサンプル品。
MGF2は初級モデル、REDが中級モデル、Hは高級モデルのスコープに使用されるコーティングです。

HAKKOと関わりのあるメーカー

Business partnerNotePerformance
AimpointAimpoint2000用スコープを供給?
ブースター一体型のブースター部分のみ供給?
★★
Armalite外観はCOLTのキャリングハンドル用スコープとほぼ同じ。★★
BarrettMPをベースにしたBarrett刻印のスコープを供給。
覗くと視界上に水準器がある。
★★★
BAUERドイツの光学機器メーカー。
形状はSuperb B3、レンズはコストを抑えたモデルを供給。
★★☆
Brunton中級モデルが主なラインナップ。ライト光機製も取り扱う。★★★
C-MOREB3ZWEPをベースにしたスコープを供給。ドットサイトのレンズも?★★★
Cabela'sスコープ、ドットサイトを供給。★★☆
COLTAR15用純正スコープを供給。類似のモデルが多数存在。
中でもCON-4200は今でも高値が付いている。
★★
Gilmoreドットサイトは強烈な光度が特徴な良品。
スコープはレンズにルビーコートを採用してしまった失敗作。
★☆
HorusVision鳥のロゴが入ったモデルはHAKKOスコープの最高機種。
4-16x50のスチールボディモデルがおそらくHAKKOの最高級品。
★★★★★
JOLHAKKO倒産後に設立した会社。HAKKO製品をほぼそのまま引き継いでいる。★★☆
Mitchell's MausersK98用スコープを供給。グリーンコートの中核。★★
NikonMonarch UCCを製造。HAKKO製とは思えない位に新規パーツを使用。
技術者曰く、Nikonはかなり品質にうるさかったらしい。
現在はKenkoのフィリピン工場で製造されている。
★★★★☆
NOVEL ARMSHAKKO倒産後に設立した会社。
HAKKOが特許を取得した機能を組み込むが製造は中国。
★★☆
PoseidonMPベースのモデルを供給。★★★
RedfieldBEDシリーズをベースにしたドットサイトを供給。★★☆
RUKOBEDマルチカラーのレティクルを搭載したピストルスコープを供給。★★
SEEADLERドイツのメーカー。HAKKOの初級~中級モデルに自社ロゴを付けて販売。★★
SHIRSTONEELECTRO-POINTを供給。
SAMURAIはライト光機が設計と製造でHAKKOは関係なし?
★★
Smith&Wessonスコープ、ドットサイトを供給。スコープは中の上レベル。★★★
Springfieldガバメントシリーズが有名。国内ではB級品が多く出回っている。
覗くと視界下に水準器があるのが特徴。
緑刻印は国内用、金刻印は輸出用だが、光学性能だけは緑刻印の方が上。
★★★
SYSTEMAU.S.Opticsのレプリカモデルを供給。MPノブが付いている。
高額だが光学性能は低く、重いだけのスコープ。
★★☆
tascoHAKKO製との違いは刻印のみのスコープやドットサイトが存在する。★★★
Trijicon発光色を変更できるAccuPointはHAKKO製でトリチウムを使用したMPスコープも存在した。
現行モデルはライト光機製。
★★☆
TRUGLOイルミネーションカラーが2色の数少ないまともなスコープ。
HAKKO倒産後は中国製になってしまった。
★★☆
TOKYO SCOPEスコープとドットサイトをHAKKOの型番そのまんまで発売。
ノーベルアームズ同様にHAKKO倒産後に設立した会社。
新商品の開発も行っている。
★★★
Thompson/Center比較的安価なスコープを主に供給。★☆
UltradotBEDシリーズをベースにしたドットサイトを供給。★★
U.S.Optics旧モデルのイルミネーションダイアル、対物チューブの部品、レンズはHAKKOが供給していたが、光学性能が価格に見合わないとの声が多く、供給元が変わった模様。★★★☆
HAKKO Scope

画像はHAKKOのOEMスコープ。
完全にオリジナルパーツのものから、刻印違いのみの使い回しなど様々。