SaitoSight

-Optics Research-

analytikjena DOCTERsight III

analytikjena DOCTERsight III
Manufactureanalytikjena
Pricexxxxx
Official siteDOCTERsight III
Review date2018.11.24
Favorite★★★★
analytikjena DOCTERsight III

analytikjenaのマイクロドットサイト、DOCTERsight III 7.0MOAです。
IIとの大きな違いは明るさの3段階調整が可能になっていることです。

analytikjena DOCTERsight III

形状はIの頃から大きな変化はありません。
調整ダイアルの移動方向や特許番号の刻印が追加され、ボディは文字だらけです。

analytikjena DOCTERsight III

IIまではレンズのフレームとボディが別パーツになっていましたが、1ピース構造に改良されています。

analytikjena DOCTERsight III

ボディの右サイドにはシリアルナンバー、マグネットマークがあります。
QRコードの様なものは個体によって異なります。

analytikjena DOCTERsight III

Modeと書かれた上にあるランプで光度が何段階目なのかが判ります。

analytikjena DOCTERsight III

バッテリーは裏側に装着します。使用するのはCR2032。
装着部分がマグネットになっており、接触不良を起こさない配慮がされています。
7.0の文字はドットサイズを表しています。

analytikjena DOCTERsight III

保護キャップも改良がされており、サイドにマグネットが付いています。
これを使って光度の調整を行います。

analytikjena DOCTERsight III

写真の様にボディの右サイドにあったマグネットマークのところに保護キャップのマグネットを近づけます。
3秒程近づけた後、離すとModeのランプが1~3回点滅し、ドットの明るさが変わります。
1回は省電力モード、2回はI~IIモデルと同等の明るさ、3回は炎天下での使用可能な程明るくなります。
ボディ左サイドにもマグネットのセンサーがあり、保護キャップを付けることで消灯します。

analytikjena DOCTERsight III

レンズのコーティングはグリーン、シーグリーン→ブルー、バイオレット、イエローとカラフルです。

analytikjena DOCTERsight III

視界は若干の青みがありますが、Iよりはクリアになっています。
XT-6等の日本製マイクロドットはレンズ湾曲部分の青みが気になりますが、DOCTERは視界全体が同じ色になっています。
上下左右のパララックスのズレも殆どありません。

光度調整機能が追加されましたが、元々DOCTERの自動調光は優秀なので必要ないかもしれません。
重さは前と変わらず22gです。
2018年にDOCTERはNOBLEXに名称が変更されたことにより、ボディの文字がNOBLEXに変わっていたりしますが、フクロウのロゴはそのままで性能も同じです。